第63回NHK杯争奪中地区準決勝 VS創成館高校

 2015年5月31日 諫早市営野球場  9:15

 

創成館高 100 000 201   4

諫早農業 100 100 010   3

 

泉田⑤・寺田・上原―小川・平野・坂田

 

 1回表1アウトで3塁にランナーを置き3番打者にきっちりと犠牲フライを放たれ1点先制されました。

 

 1回裏1番上原はライト前2番山本の時に2盗を決め送りバント成功、3番田中の時にまさかの3バントスクイズを決めて同点になりました。その後、4番関山はライト前、5番森もライト前とヒットが続きましたが6番小川はショートゴロで、追加点なりませんでした。

 

 2回表6番にレフト前を打たれましたが7番を6-4-3ダブルで凌ぎ次の8番からセンター前を打たれましたが9番をセンターフライに討ち取ります。

 

 2回裏は7番土井三振、8番藤瀬サードゴロ、9番泉田三振で三者凡退

 

 3回表1番センター前に運びましたが2番打者の時にランナー飛び出し、センターフライ、3番ライトフライでした。

 

 3回裏1番上原四球を選び2番山本は送りバント失敗し、3番田中も送りバント失敗し、4番関山はセカンドゴロ

 

 4回表4番サードフライ、5番レフト線の2ベースしかし、後続を断ちます。

 

 4回裏5番森はライト前6番小川の時に2盗小川は倒れて、7番土井の時に牽制悪送球で3塁へすすみ、土井は2ストライクからスクイズを決め2点目を奪取し勝ち越ししました。

 

 5回表8番打撃妨害で塁に出し9番は送りバントするもフィルダースチョイスでランナー12塁に、1番はきっちりと送りランナー23塁になり、ピンチを招きます。2番ショートライナー3番はサードゴロで凌ぎました。

 

 5回裏1番上原三振2番山本はバントヒット、3番田中の時に2盗失敗田中はセンターフライ

 

 6回表は4番四球5番のときに2盗失敗センターフライ、6番ショートゴロで結果三者凡退

 

 6回裏4番関山センター前、5番森送って、6番平野デッドボール12塁、7番土井は送って23塁8番藤瀬はショートゴロ

 

 7回表7番セカンドゴロ、8番センターフライ、9番レフト前、1番レフト前、2番に右中間タイムリー2ベースを放たれ逆転を許しました。

 

 7回裏9番寺田ファーストフライ1番上原三振2番山本セカンドゴロ

 

 8回表4番サードゴロ5番レフト前6番レフトフライ7番サードゴロ

 

 8回裏3番田中三振4番関山四球5番森レフト前6番平野送りバント失敗ランナー12塁7番に代打石田の時に牽制悪送球で23塁にサードゴロファンブルしてその間に1点をもぎ取り同点に・・・

 

 9回表8番サード内野安打でその後の悪送球でランナー2塁へ9番送って1番ショートフライ2番ライト前タイムリーで再びリードされました。

 

 9回裏8番代打中尾サードゴロ、9番坂田はライト前、1番代打納富は三振2番代打岩永は右中間2ベースでランナー23塁に3番田中には四球でノーアウト満塁になりました。しかし4番関山は見逃しの三振でゲームセット・・・・

 

 総評として、試合全般を見ると諫早農業が押していたのですが、結果はご覧のとおりでした。しかし県大会に進み6月2日抽選会があり、来たる6月6日より第63回NHK杯争奪長崎県大会が開かれ、夏の大会前に長崎県一を決めまた、夏のシードも係わる大事な大会です。

 保護者の皆様をはじめ、諫早農業高校OBの方々もたくさんの応援でこのチームを盛り上げてください。

コメントする

Trackback

trackbackURL: