第63回NHK杯中地区予選三回戦 VS対馬高校

 2015年5月28日(木) 島原市営野球場 11:55

諫早農業 002 013 020  8

対馬高校 000 002 500  7

 

上原⑤・泉田①・寺田1/3・上原―平野

 

 

 1回表諫早農業高校の攻撃1アウトから相手のエラーで出たランナーは2塁に盗塁しセカンドゴロの間に3塁へ進塁しましたが、1本が出ずに先制点奪取の絶好の機会を逃しました。

 

 しかし先に点を挙げたのは3回表諫早農業高校でした。9番山口は死球を選び、1番関山の時に2盗し悪送球の間に3塁に進みました。関山も死球を選び2番山本の時に2盗を決めランナー23塁にだがセカンドゴロでホームに入れずしかし3番田中はライト前2点タイムリーを放ちこの試合2点を先制しました。

 

 5回表2番山本が内野のエラーで出て、2盗を決め、5番岩永の内野安打の間に3点目を挙げました。

 

 6回表7番石田はセンター前で出て8番平野は死球、9番山口はきっちりと送りランナー23塁に1番関山はレフトオーバー2点タイムリー2ベースを放ち3番田中の時にワイルドピッチでランナー3塁に進み、田中の打球を内野がエラーしこの回3点目を奪取し5-0と突き放しました。

 

 しかしながら、この回から代わった投手に対馬打線が襲い掛かります。センター前・ライト前・死球で一気にノーアウト満塁になり、5番打者の外野前2点タイムリーを放たれその打球を後ろに逸らしランナーは23塁に、6番打者のセンターフライにタッチアップせずこの会は2点で凌ぎました。

 

 7回裏対馬高校の攻撃はまたまたピッチャーの代わり鼻に襲い掛かります。1アウトから1番レフト前、2番内野のエラー、3番レフト前で満塁に、4番に死球で押し出し、5番にレフト前タイムリーを、6番死球で押し出し、7番にレフト前2点タイムリーを放たれこの回5点献上し逆転されました。

 

 8回表諫早農業の攻撃は2アウトから3番田中センター前、4番森の時に2塁に進み森はセンターオーバーのタイムリー3ベースを放ち5番岩永に代わった代打坂田が期待に答えライト線破るタイムリー2ベースを放ちこの回2点でまたまた逆転に成功・・・

 

 その後、併殺を2回決めて後続を絶ち、8-7で勝利をもぎ取りました。・・・

 

  シーソーゲームを制したのは諫早農業高校でした。・・・

 

 ※中地区準決勝戦は、創成館高校です。

諫早市営球場にて5月30日(土)試合開始時間は10:00となります。

関係者や保護者はもちろん、諫早農業高校OBの方々も応援よろしくお願いいたします。

 

 

平成25年8月25日に同じ諫早市営野球場にて新人リーグの時に6-4で勝利しました。

試合がこの時の展開になればとひそかに期待をしております。

 

コメントする

Trackback

trackbackURL: